むぎんち

育児に家事に四苦八苦のむぎんちのあれこれ。

【計りも泡立てもいらない】たった3分で2歳と小学生が作るパーティスイーツ。

 

毎年クリスマスケーキは近所のケーキ屋さんに買いに行っています。

手作りは選択肢にありませんでした。料理が苦手なので。

 

でも、今年はお友達の家でクリスマスを3回もしてケーキもたくさん食べたのでおうちクリスマスは省エネ&節約で行うことにしました。

 

今年初めてのクリスマス会だったパパさんには申し訳ない。

 

でも、2歳0か月の末っ子もお手伝いできる間違いなく美味しいクリスマススイーツを作りました。

 

 \\こんな記事も書いています//

【12月24日更新】ハッピーセットの絵本はサイズ感・デザイン・内容ともに優秀過ぎる件。 - 育児×ライフハック×3姉妹

2歳さんと小学生コンビが子供だけで作ったスイーツがこちら。



作り方(所要時間3分)

  1. 長女がパイン缶とミカン缶を開ける。
  2. 幼児用の切れない包丁でパインを1口大きさに切る。
  3. 買ってきたホールケーキのスポンジを2歳児がちぎる。
  4. カップにスポンジ・フルーツを適当に入れて生クリームをかける。
  5. それを何回か繰り返す。
  6. 完成。

 

こんな感じです。

 

クッキングというのはおこがましいくらい簡単です。

 

ナッツやクッキーなどトッピングを変えるとアレンジは無限大。

 

こんな感じで家族分作っていただきました。

 

末っ子が『ままたんの作ったの。あーんして。美味しいよ。』とスポンジを口の中にごり押ししてくれました。

 

これだったら心配事が少なくて自由にさせてあげることが出来ます。

 

しかも、どうやって作っても味はスポンジとクリームの味なので美味しい。

 

不味く作りようがないんです。安心。

 

スイーツを自分たちで作ったという満足感がすごい。

 

大人から見ればそんなの作ったうちに入らないでしょ?と思う気持ちも分かりますが子供たちにとってはそうではないんですよね。

 

『自分たちが自分たちだけでクリスマスケーキを作ったんだ。』という満足感がすごいんです。

 

聞かれてもないのに『今年のクリスマスケーキは自分たちで作った!』とサンタさんへの手紙に書いちゃくらいです。

 

サンタさんへのクリスマスケーキの差し入れ。

 

そうなんです。子供たちあまりにも簡単で上手にできたのでサンタさんへ差し入れとしてケーキをダイニングにおいて寝たんです。

 

旦那さんは明日も早いので末っ子の寝かしつけの時にそのまま寝ちゃってサンタさんにはなれません。

 

というわけで、本日2つ目のボリュームたっぷりのケーキを1人で食べながらブログを書いているところです。はい。

 

結構ボニュームがあります。でも、いただきますよ。もちろん。

 

本当に簡単なのでぜひ皆さんも楽しく子供たちとクッキングしてくださいね。

 

 

こんな記事も書いています

blog.ikujitte.work

blog.ikujitte.work

【スポンサーリンク】